読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

保健師さん

ずっと頼りにしている区の保健師さんに電話してしまった。

 

話していたら泣きじゃくってしまった。

 

「ずっと苦しかったんですね」

 

「それは怖くて辛いですね。よく話してくれたと思います」

 

「しんどくて、育児どころじゃないですよね」

 

私の辛い気持ちに寄り添ってくれて、和らいだ。

 

「辛い気持ちが伝わってきます」

 

って。

 

わかってほしい、夫はわかってくれない、わかってくれる人が嬉しい。

 

電話して号泣する私の足元で息子が

 

「ママどうして泣いてるの?泣かないで!」

 

ティッシュを渡してくれる。

 

「ママかわいいよ。大好きだよ。大丈夫だよ。ねえ、あそんでよ!」

 

私は涙を止められない。

 

不快な症状がなければ。

 

例えばこの瞬間から、症状が消えてなくなればいいのに。

 

そうしたら私は悩まずに元気になれるのに。、

 

胆嚢が悪いのか、十二指腸潰瘍でもあるのか?

 

夕方あたりキリキリと胃痛があり、でももう仕方がないと半ば諦めて息子と娘の相手。

 

こんなママでごめん、泣いちゃってごめん。

 

何回も謝った。

 

「ママが泣いてたのなんでかわかるよ。なんか、悲しいんでしょ」

 

だって。

 

私はこの子を、アダルトチルドレンにしてしまう...

 

頼りにして、傷つけている。

 

ごめんね。ごめんなさい。

 

こんなに弱くてごめんなさい。