学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

依存したい!!依存ってどうすりゃ乗り越えられるの?

私の致命的なところ。

 

危機に弱くて、誰かにすがりたくなって1人では乗り越えることができない。

 

気づいたのは、高校3年生のセンター試験のとき。

 

私は志望校の国立大1つしか受けていなかった。

 

私立に行くお金はないし、落ちたら浪人確定

 

でも浪人するのは死ぬほど嫌だった。

 

もう一年、精神力が持つ気がしなかったしそのままだらだらフリーターになりそうで怖くて仕方なかった。

 

そんな大事なセンター試験、1日目。

 

手応えは正直、なかった。

 

自己採点をしてみると、これでは受からないかもしれない...

 

怖かった。暗闇に飲み込まれていくようだった。

 

こんな精神状態で、もう1日乗り越えられるだろうか。

 

とても無理だ、私には無理...

 

いてもたってもいられなくて、誰かにすがりたくて、気がつくと電話をしていた。

 

中学のときに頼りにしていたMさんに...。

 

Mさんは私のことが好きで支えたいと言ってくれた。それなのに、私は彼を遠ざけ、傷つけるようなことを言い一方的に連絡を絶った。

 

一体どのツラ下げて電話できるというのか。

 

それなのに、私は電話をかけられずにいられなかった。

 

ほぼ3年ぶりの一方的で身勝手な連絡。

 

彼は電話に出た。

 

「今、話せないから」

 

電話は切られた。

 

当たり前の結果だ。自業自得だ。

 

私はさらに混乱した。

 

どうして私はこんなに弱いのか。危機に陥ると、やはり彼を頼ってしまう自分にも絶望したし、拒絶されたことにも絶望した。

 

そして私は、小学校からの友人に電話をした。

 

Mさんを頼ってしまったこと。センター試験への自信が崩壊してしまったこと。どうしていいかわからないくらい混乱していること。

 

友人は自分のことのように心を痛め私を心配してくれた。

 

優しすぎるのだ。

 

「確かに○子は弱いかもしれない。でも、弱いって悪いことなの?いけないことなの?」

 

と言われたのを今でも覚えている。

 

弱いのはいけないと思っていた。こんな自分じゃ駄目だ、と思っていた私には驚きだった。

 

弱い自分でも、ボロボロの自分でも、いい

 

とにかく明日、試験に行こう

 

友人は、試験会場までついていってあげたい。と言ってくれた。その気持ちだけで充分だった。重ねていう、優しすぎるんだ。

 

センター試験2日目。

 

とにかく目の前の問題に全力で取り組んだ。

 

嘘のように落ち着いて、時間配分もしっかり考えて計画通り。見直しも何度も何度も行なった。

 

過敏性大腸も、問題を解くのに邪魔でどこかにひっこんだ。

 

結果、私は200点満点の国語で180点以上とるというウルトラCを決め

 

4.5割しかとれなかった苦手な数学をカバーし

 

全教科7科目、7割以上をとることができ、国立大への2次試験に進むことができた。

 

信じられないことに、あれだけ精神的にガタガタだったのに結果オーライだったのだ。

 

それは多分、毎日8時間以上の勉強の積み重ねが効いたんだろう。

 

長い長い時間をかけて用意周到にやってきた、それが運命を決めた。

 

しかし、この時間は私にとってトラウマになった。

 

私は危機が起きると、1人では乗り越えられないくらいガタガタになってしまった。

 

脆かった。

 

普通なら。母親に相談するのだろう。

 

それは駄目だ、祈りましょうになってしまう。彼らの獲物だ。脆い自分は悟られてはいけないのだ。

 

もうあんな思いはしたくない。

 

しかし、危機が起きなければ。

 

誰かにすがりたい自分はひっこめておける。

 

危機さえおきなければ。

 

そうして問題は、先送りされることになる。