学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

心気症6 心を明るく保ち続ける為に

ネット上にはたくさんの心気症の方々がいらっしゃいます。

2ちゃんねるの心気症スレもあるし、mixiでもコミュがある。

ガールズちゃんねるにも心気症のスレが立ったし、ママスタにも心気症のママがたくさん。

個別のブログもたくさんありました。

そこにはたくさんの私がいました。

些細な症状を大病に違いないと思い込み、ネットで病気の症状を調べ震え上がり、眠れなくなる

ドクターショッピングを繰り返し、検査のたびに死にそうになって安心して、しばらくするとまた別のところが気になって...

私って心気症かも?と思ってから、心気症のことを調べたら

「あー私これだー!」

って思って、どんどん自分を心気症に当てはめて言ってしまった感じも否めません。

例えば、胃痛があって胃がんを心配している人のスレを読むと

(そういえば私、胃は全く気にしてなかったけど確かに胃が痛いと心配だよね...)

と思ってしばらくして胃痛があると心配になってしまう。

胸が痛くて心配、という人を見てしばらくして自分も胸が痛くなると心配になる。

心気症の人はこんなことも心配になるんだなぁ、そういえば私は大丈夫かな...って。

心の病気の人には、ままあることらしいのですが

「私って○○って病気なんじゃないかと思うんです!だって☆☆っていう症状もあるし、◽︎◽︎なところもあるし、小さい頃から△△だったし...」

って。

自分をどんどんその病気に当てはめて、その病気になりきってしまう。

私もなんだか、完全に健康!っていう状態が落ち着かなくて

どこかそわそわして、不調なところを自分で探してしまっているような...

ファッション心気症?

いやだなー

でも最近、不調があると

「もうめんどくさいなぁ、病院に行くの。どうせたいしたことないんじゃない?これだけ異常なしが続いてるんだから。もうこんな馬鹿馬鹿しいこと、やめよう?」

っていう気持ちが湧いてきています。

そんななかで、すごく参考になるブログを見つけて

不安になるたびに読み返しています

ねこひなカンナさんの
毎日がレッスン☆というブログです

「脳は錯覚する」
http://s.ameblo.jp/nekohina-days/entry-11977635168.html?frm=theme

脳には主語がなく、人の体験談も自分のことのように感じてしまうらしい。

心気症の人って、多分共感能力が高くって

人の体験をまるで自分のことのように感じてしまうと思うんです。

芸能人の闘病話とか、感情移入しすぎてしまって

いつか、私もこうなるのでは...すでに私もこの病気かもしれない...

この人はこの人!私は別!って思えないんだよね

もう、自分がその病気になってしまったかのような絶望的な気持ちになってしまう

でも!でもでもでも!!

逆に考えれば、脳に幸せな情報をいっぱい入れてあげれば

脳が勘違いして、ハッピーになっていけるのかな?

綺麗なもの、嬉しいものをたくさんみて

幸せな気持ちでいたほうが、脳は嬉しいよね

きっと、悩み疲れたら

心が望むように、いい方向に浮上していくときがくるはず

すこしでも、前に進めるように。