読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

宗教の洗脳が解けた人って、その後どう自分を立て直してんの?

創価学会の一家に産まれて

私、不思議で仕方がないんです。

 

学会2世、3世で産まれた時から純粋培養されて洗脳が解けた人って、その後どうやって自分を立て直してるんだろう?

 

なにかにすがりたい気持ちをどう消化しているんだろう?

 

危機があったとき、自分を信じて切り抜けられてるのかな。

 

また別のものにすがってしまったりしないのかな。

 

学会2世の人の体験とかをよく読むんだけど、ちゃんと親に「もう活動しない」「信仰心はない」ってちゃんと宣言する人もいる。縁を切ってしまう人もいる。

 

いいなぁ、心が強くて...と思うんですよね。

 

その強い心は、持って産まれたものなのかな。

 

わしにはわからん、アホじゃけぇ...

 

私の心が弱くて依存心が強いのは、持って産まれたものなのか、創価学会の英才教育のせいなのか...

 

ま、多分両方なんだけど。

 

小さいころから

 

「すべて御本尊様におまかせして、ただ祈ればいい。そうすれば、自分の中から力が湧き出てくるから。守られるから」

 

って言われてきたもので。

 

祈っても、強い力は湧き出てこなかった。

 

そして、強い力を湧き出せるような他の方法も見つけられないままだ。

 

 

 

普通の家庭では、どう乗り越え方を教えるの?

 

自分を信じる方法。どうやって身につけてるの?

 

わしにはわからん。アホじゃけぇ。

 

でもなんか、こんなふうに考えれば人生楽になるんじゃないかな。っていう思想みたいなものを見つけたので

 

それを今度記事にして、心を整理してみようかな。と思います。