読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

罪悪感てどうしたら乗り越えられるんだろう?

創価学会の一家に産まれて 心気症

私が罪悪感まみれになってしまうのも、仕方がないのかもと思った。

 

さて、そこからどうするか。

 

罪悪感て、消せるものなんだろうか?

乗り越えるものなんだろうか?

受け入れるものなんだろうか?

罪悪感にどう対処すれば楽に生きれるのだろうか。

 

根元裕幸さんという心理カウンセラーさんのブログを読んだり、メルマガをとってみたり

心屋仁之助さんのブログを読んでみたり、自分なりに四苦八苦しているのですが

 

罪悪感は、手放すものなのだそうです

手放すには、感謝と許しが必要なんだそうです

 

自分は、いてもいいんだ

悪くないんだって

そうしたら思えるのかな

 

 

どんな状況であれ、なんて思われようが

私は産まれてきた。

それだけで、すごいエネルギーじゃないか

そして母と父は、私を愛してくれていたじゃないか

祖母も祖父も姉も、私を守ってくれてきたじゃないか

私にだって、できることがあるし

いいところもあるし

楽しく思えることだってある

そんな自分も、悪くない。

そう思えるように日々、できることがあったらやっていきたい。

 

まだまだ、模索の日々は続いていく。

でもそれもゆっくりやっていきたい。

楽しみながら。

 せっかくこの世に産まれてきたのだから。