学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

保健師さんが家にきてくれました。

私が泣きながら電話したため、保健師さんが心配して家にきてくれました。

 

うつにならないか?子供との接し方は大丈夫か?と大変心配された様子です...

 

「お話を聞いてると、とても苦しいですよね。なんとか辛くならないようになってほしいです」

 

と私の話を聞いてくれる...

 

ありがたくて、涙が抑えられない。

 

息子の前なのに。

 

すると息子が、お腹をなでてくれる。

 

「ママなんで泣いてるの?どうしたの?大丈夫だよ」

 

と。

 

ごめんね、ありがとうとしか言えない私。

 

保健師さんが言った。

 

「ママが病気の子って...特に入院とかしてしまうと、(自分のせいでママは泣いてるんだ、いい子にならなくちゃ)って思っていい子になろうと頑張っちゃう傾向があるんですよ。息子くん、すごく優しい性格の子みたいだから、そこも少し心配ですね」

 

と。

 

まさにそう...

 

お腹が痛くなると、思いつめた顔で症状を検索

 

いてもたってもいられなくなって、今日やってる病院を探して、突然「病院に行くよ。ごめんね」と子供2人を連れて出かける。

 

最初はおとなしく待ってる息子、そのうち飽きて家に帰りたがると

 

「ごめんね。ママすぐ病院に来ちゃって」と罪悪感から謝る。

 

「いいよ、ママのせいじゃないよ。ママぜんぜん悪くないよ」

 

なんて優しい言葉を言わせてしまう。

 

疲れて掃除もできてない。夕飯はやっと作っている。

 

家が荒れていて、帰ってきた主人に怒られる。

 

これじゃダメだ...

 

生活の中心が、自分の不安を取り去ることになってしまっている。

 

子供を第一に考えなくちゃいけないのに。

 

なんとかしなくちゃだめだ。

 

保健師さんが、今まで心配した病気と検査を書き出してくれる。

 

舌に口内炎ができて舌がんを疑い

腹痛で胃がん、大腸がん→胃カメラ、大腸カメラ

痰に血が混じり肺がん→胸部レントゲン

頭痛と歯の痛みで脳腫瘍→頭部CT

左胸の痛みで狭心症心筋梗塞→心電図

耳痛で喉のがん→咽頭カメラ

 

すべて異常なし。

 

「今までのこれをみてどうですか?」

 

と、言われて

 

「完全に心配のしすぎ。心の病気だと思います。特に喉とかはほんのちょっとの違和感を拡大して大騒ぎして、バカだなぁと今は思います。完全におかしいです。でも渦中にいると、本気で悩んでしまって気がつかない」

 

と答える。

 

「もし大病だったときに後悔したくなくて、可能性を消しに行くんですよね。考え方のクセというか、認知に歪みがあるのかもしれない。やっぱりカウンセリングを受けていったほうがいいと思うんです。まず第一に、お母さんが辛くなくなるために。そしてお母さんが辛くなくなると、子供が楽しく、家族が楽しくなります。毎日を楽しく、少しでも辛くなく過ごせるようにやってみませんか?前みたいな自分に、戻りたい気持ちがあるんですよね」と。

 

心を動かされてその日にすぐ、カウンセリングの予約をとった。

 

この保健師さんに出会えてよかった...

 

私の気持ちを尊重してくれて、聞いてくれて、いい方向に導いてくれる。

 

なんてありがたい存在なんだろう。

 

私、変わりたいし頑張りたい。

 

やれるだけのことをやってみよう。