読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

くもんをはじめてみたはいいものの2

子育て

息子の場合はかずとひらがなの2教科

 

かずは、20や30までの数を数えるところから

 

ひらがなは、3文字の単語をたくさん読むところから

 

ゲーム感覚でどんどんやっていき、得意そうになる息子

 

順調にこなし、かずは「数字をなぞり、書く」

 

ひらがなは「簡単な文を読む」まで進んできた

 

しかし、ここらへんで暗雲が...

 

どうやら息子、「書く」という作業があまりすんなりといかない様子

 

なぞりは簡単そうにやっていても、いざ自分で書く...となるとえんぴつの進みが遅くなる

 

正直、私も主人も

 

(あぁ、この子はあんまり頭のいいほうじゃないかもしれない)と思い始めてきた。

 

お手本の通り、見たままを書き写す

 

私も主人も、なんの苦労もなくすんなりできて小さい頃苦労した記憶はない。

 

息子は、すんなりできるタイプじゃないんだな。

 

絵も上手じゃない。箸だって未だに使えない。

 

周りの子達は、ひらがなをどんどん書き出してる。

 

カタカナだって読めてる子もいる。

 

くもんをやっている他のお友達は、あっという間に足し算まで進んだ。長文も読んでる。

 

正直今まで。

 

「主人と私の息子なんだから、頭が悪いことはないだろう」と驕っていた気持ちがあった。

 

ある程度いい学校に行ってくれるんじゃないか。

 

そんな期待は、持たないほうがいいと感じた。

 

息子は息子で、主人や私とは違う人間なのだから。

 

理想を押し付けてはいけないのだから。

 

でもこれは、私にとってはちょっと辛い事実みたい。

 

受け入れて、消化するまで時間がかかりそう。

 

ありのままの子供を受け入れて愛する。

 

それが理想だけど、なかなか私は未熟者です。