読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

また逆戻りしてしまうような、前とは違うような

喉の違和感と耳の違和感を気にしながら、

いやいや大丈夫だって。喉のがんなんてありえないって。

と思いながらやり過ごす毎日。

咽頭内視鏡をお願いするのも面倒くさいし、病院に行くのも面倒くさいし...

今日は病院はいっか。

という1日を積み重ねる。

いっそ、咽頭カメラをしてしまったほうがすべてハッキリ分かるのか?

こうしているうちに、本当はがんで進行してしまっていたら?

また、こんな考えに取り憑かれる。

いやいやそんな馬鹿な。

掃除をする。子供を公園に連れていく。

友達に会って、元気をもらう。そんな毎日。

昨日の夜、娘がゴリゴリ胸に頭を押し付けてきて少し痛みを感じた。

まさかね?と思いながら自己触診

すると、右の胸の乳輪あたりにコリコリしたものを見つける

乳腺なのか、違うのか...

左にもあるけど、右のがはっきりしているきがする。

さぁ困った。

また気になってしまった。

うまく眠れない。

うとうとするんだけど、胸のことを思い出してすぐ覚醒してしまう。不眠。

今日は近くの乳腺外科に行くか、遠方のおじいちゃん先生の診療所に行くか迷う。

遠方のおじいちゃん先生は、診療内科だけど昔婦人科をやっていたとのことで触診をしてくれる。

がんの疑いがあったら、すぐにいい病院を紹介してくれると言ってた。

近くの乳腺外科は、前にマンモとエコーをやってもらったのでデータがあって比較できる。

なにより、ちゃんと画像診断しておけば最終的に確定する。

どうするかなぁ...どっちがいいかなぁ。

近くの乳腺外科では、以前ただの乳腺のハリをしこりと表現されたいへん怖い思いをした。

優しくて、気持ちを落ち着かせてくれるけど精密機械のないとこに行くか

嫌な思い出はあるけど、近くて精密機械で診てくれるところにいくか

私の気持ち的には、おじいちゃん先生に会いたい。

でも、おじいちゃん先生に落ち着かせてもらっても、結局エコーも受けに行ってしまう気もする。

うーん、自分がどうしたいのか。

よく考えなくては。


以前の自分はもっと悲観して、取り乱していた。

今回は、そこまでではない。

まぁ、多分違うけど一応診てもらって違うって言ってもらおう。

万が一大病でも、早期発見だろう。

そんな気持ちでいる。