読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

心気症4 心臓のこと、愚痴

考えても考えても堂々巡り。

左胸の痛みはあるけど、鈍痛というか弱い曖昧な痛み。

狭心症心筋梗塞だと、ギュッと掴まれるように息苦しくなるそうだけど

そこまで激しい痛みでは全くないし、息苦しさは感じない。

筋肉や骨の痛みのような気もするし、気にしすぎのところもあるような。

しかし、不整脈がでた。

不整脈が出たことで、リスクは増したし

お医者さんは血液検査を進めた。

この不整脈が、たまたま出た害のないものなのか

心臓の病気からでているものなのか

24時間のホルター心電図をやらなければわからない。

しかし心臓とは厄介なもので、痛みが出た時の心臓の動きをみないと正確なことがわからないらしく

せっかくホルターをつけたその日に痛みがなかったりして、再度やることもあるらしい...

おまけに検査をする日は運悪く、上の息子が幼稚園お休み!!

まーそのほうが、心臓のことを気にしすぎなくていいのかな




心電図をとって不整脈がでて、不安でみっともなく泣いてしまった私に看護婦さんが言ってくれた。

「検査が嫌いでずっと受けない人もいるんだから。自分の体に敏感で、すぐに検査を受けることはいいことなんだよ」

「なにかあっても、早く見つけて対処したほうが絶対にいいんだから。いいことをしているんだよ」

「大丈夫だよって言ってあげたい。それで落ち着いて、安心するんだったら。でも検査の結果がでていないのに、いい加減なことは言えない。ごめんね。」って。

「正しいことをしてますよね...?前に進めてますよね...?あぁ、でも不安だなぁ...死にたくないよー笑」

なんて、泣き笑い。

この看護婦さんは、娘がミルク飲まなくて心配で泣いているときも心を込めて私をなぐさめてくれた人で...

本当にありがたい。大好きです。

私には味方がたくさんいるし、私が私であることは変わらないし

子供達のためにも、しっかりやっていかなくちゃ

少し泣いたら、スッキリ

今日も1日、前進できるように。