学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

病院と検査か嫌いな人

私が大腸の内視鏡検査を受けた日。

息子と娘の面倒をみてもらうため、母親を召喚しました。

その際に初めて知ったこと。

私がモビプレックスという下剤を飲もうと準備をしていたとき

母「私もこの薬を準備するところまでいったんだけど、結局検査はしなかった。でも平気」

私「へっ!?大腸の内視鏡のこと?一体どうしたの?血便でもでたの?」

母「うん...2年くらい前にね」

私「え?薬までもらっといてなんで検査しなかったの!?てか血便て!?大丈夫なの!?」

母「一回だけ血便でて、市立病院行って。全部検査のやり方とか説明されて薬ももらったんだけど、検査の当日急に薬を飲むのが嫌になって。検査キャンセルしたの。それ以来毎日快便で血もでてないよ。うふふ」

私「しんっじらんない...なんでそんなことができる...」

母「だってご本尊様を信じてるから、なんだって乗り越えちゃうから!」



ねぇ...

ほんとお願いだからちゃんと検査して...

そりゃね、祈ることで前向きになって免疫力が上がることもあるかもしれない。

プラシーボ効果もあるかもしれない。

でもね、検査でしかわからないこととかちゃんと治療を受けないと手遅れになることだってあるんだから...!!

って説得しても、ニコニコ笑って

「信心の力は絶対だから!」

だって。。。

怖いよ、怖すぎるよ...

きっとなにか見つかった時には手遅れなんじゃないかな...

おまけにもう一つ、50くらいのときに生理でもないのに出血したけど病院行かなかった。でも全然平気!と笑う母。

もう...

まあ、ね

大腸でも子宮でも、腫瘤とか潰瘍があれば継続的に出血するだろうし悪化もするだろうし

子宮に関しては10年、大腸は2年も何事もないんだから大丈夫...なの...かなぁ...

でもほんと心配です。

私のように、ほんの少しの違和感でもすぐ病院に行ってしまうような人からしたらありえない。でもその図太い神経ほしい。自分は病気なんてふっとばすっていう、根拠なしの自信。

いや、根拠はあるか。創価学会の教え。

でもさ、「自分はご本尊様信じてるから大丈夫」なんて言ってるけど。

本当は、検査してなにか見つかるのが怖いんだと思う。

いるよね、病院とか検査が大嫌いで本当にギリギリにならないと行かない人。

一方私は心配しすぎて、病院行きすぎ検査受けまくり。

私と母を足して2で割ったくらいの心配ぶりが丁度いいのかもしれないな。