読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

昔話と4歳児(金の斧、銀の斧)

長男(4歳)に、寝る前にいつもお話を読んでいます

昨日は「金の斧、銀の斧」の話を聞かせました

ちゃんと内容が理解できているのか?と思い、話し終わったあとに聞いてみました

「ねぇ、○くんが公園に行ってさ、池に妖怪ウォッチの普通のメダルを落としちゃったとするじゃん」

「そしたら池から神様がでてきてさ、『きみが落としたのはこのレジェンドメダルかい?』って聞いてきたらどうする?」

すると息子は言った

「ちがうっていう」

ほぉ...嘘をついてはいけないって道徳心が芽生えているのかしら?

私は続けた

「また池から神様がでてきて、『きみが落としたのはこのうたメダルかい?』って聞いてきたらどうする?」

「ちがうっていう。だっておとしたのふつうのメダルだもん」

「なんでー?レジェンドメダル落としたって言っちゃえばいいじゃん」

(きっと、うそはいけないんだよとか正義感溢れる答えをくれるに違いない)

しかし息子は言った

「だって、最後に全部もらえるもん」



oh...

計算高かった...

子供ってちゃっかりしているよね。

まぁ、正直に言うといいことがあって報われる、ということでいいのかな..

現実はどうも、そうはいかないこともあるけれど。

せめて子供のうちくらいは。