読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会2世の女が自分を取り戻すためにあれやこれや模索しますよ

学会2世ですが、今は全く活動してません。信じてません。でも罰の思想を未だに引きずってて、心気症気味です。

乙嫁語り 8巻 感想

アニスとシーリーンが百合百合しすぎて、正直お腹いっぱいだった7巻

8巻はやっと楽しみに待ってたパリヤさんだー!
と思ったら冒頭に少しだけアニスとシーリーンのお話しが。
姉妹妻が夫を共有するなんてうまくいくの?
って普通なら心配するけど
シーリーンはとても謙虚で、アニスの幸せを一番に考えて見守っているようなので大丈夫なのかな。
自分と正反対の魅力を持つ人、自分が持ってないものを持っている人に対して、嫉妬するでもなく自己卑下するでもなく素直に大好きって思えるアニスはとっても素直。
旦那さんもそういうところに夢中なんだろねー。
まぁなんにせよ3人でお幸せに!

パリヤさん編。
苦手な刺繍をやる気にさせたバルキルシュ婆ちゃん、布を譲ってあげたティレケちゃん...
ネガティヴなことを言うパリヤさんに対して、いつでも
「大丈夫ですよ」
と言ってくれるアミル。
なんて暖かい一家なんだろう!
パリヤさんも刺激を受けたのか、ひとつひとつ、丁寧に時間をかけて刺繍を頑張るように。

せっかちで、こらえ性がなくて、雑...
まさに私もそうです。
作ったものは曲がったり歪んだり。
不器用だから!で済ませてきてしまったけど、パリヤさんのように心を込めて本気でやったことがあっただろうか。
苦手なことに逃げないで立ち向かう。
本当に難しいこと。

ウマルとの再会もよかったですね。
パリヤさんのことだから、甘い展開なんてならないよね笑
なんか理屈ったらしいことを遠回りにだらだら言っちゃうんだよね。
でも2人とも、結婚が伸びたのは残念。なるべく早い事したい!と思っているのが確認できてよかったねー。
そろばんもできて、ウマルくん大活躍。
きっといい夫婦になれそうだよ!

アミルとカルルクのお出かけ。
ほんとにこの2人は、どんどん絆が深まっていくようで見ていて幸せな気持ちになります。
旦那さんを喜ばせるだめ、重いお茶セット一式積んできて
肉は現地で調達!
アミルさんほんと、狩りに関しては男手として数えていいよね
刺繍も綺麗で料理もできて、食材もとってきてくれるなんてほんとにいいお嫁さんにきてもらったね!
「なんでも言うことひとつきいてもらえる!」
ってちょっとドキドキしちゃった私だけど
カルルクは狩りを教えて欲しかったんだね、真面目か!笑
いちゃラブはいつもきっとしてるから、要求するまでのことではないんだろなきっと...

またパリヤさんに戻って、目標にしたい人とお友達になれたパリヤさん。
みんなから人気で好かれている人でも、その人にはその人の悩みがあるんだよな。
やっぱり、自分が持っているいいところを伸ばしていけばいいのさ。
はっきり自分の意見が言える人はステキだよ!

全体通して読んで、ほんとこの漫画には善人が多いなぁと
読んでてこんなに幸せな気持ちになる漫画はないよ、他にはよつばと!くらいかな
それにしてもパリヤさんには幸せな結婚をしてほしい。
自分に自信持って、自分のことをもっと好きになってほしいな
きっと素直になるのも、頑張ればできる。
相手のことを本気で想えば、言うべきときに言うべきことを言うことができる。と思います
根はいい子だから。

最後に、パリヤさんの一人笑いを見逃さないロステム。
庭掃除を相変わらずさぼるロステム。
ロステムかわいいよ!!