学会2世、信仰心なし、高血圧合併妊娠で3人目に挑戦

学会2世ですが、信仰心なしです。心気症気味です。高血圧合併妊娠で3人目を産もうとしています。

2018年1月5日 妊娠16週 さいたま市立病院

新年明けまして、早速市立病院2回目の検診へ。

 

この日は冬休み真っ盛り、主人は仕事のため兄(6歳)と妹(2歳)を一緒に連れて行かなくてはならず少し気が滅入る。

 

うちから市立病院はバス2台使うか電車2本乗り換え+バスでないといけない...すごく不便。。

 

子供2人連れてバスだとトイレ等何が起こるかわからず時間が読めないし、そもそも本数が少ないのでタクシーで行くことに。

 

子供たち、タクシーの中で大はしゃぎ。。

 

到着すると血圧測定、ど緊張して160突破。。

慌てて計り直しても140がでたので、どうしようか悩みつつ2枚とも渡す。

 

40分ほど待たされ、兄に勉強をさせゲームさせとき妹に本を読み、ごっこ遊び。

 

すると看護師さんがやってきて「もっかい血圧測りますね〜!」

この時はもうだいぶ落ち着いていて、子供たちの様子に集中しながら看護師さんに身を委ねると...

「測り直してよかったわ〜!下がった!129!」

と言ってくれた。

やっぱり緊張も多大な影響を及ぼしてる、と再確認。

落ち着けば、大丈夫大丈夫。

 

診察の時間がやっとくる。

腹部エコー台に寝かされるのはいいが、10分ほど先生がやってこない。

流石市立病院、忙しいっすね...

やっと先生がきて赤ちゃんの様子を見る。

やっぱりね。動いていて可愛いんだ...

産みたいと、本能で思うんだ...

赤ちゃんは99グラム。

順調です。

 

年末から今日の朝までの血圧を提出。

上は120〜130

下は78〜90

「落ち着いてきたね。やっぱり白衣性高血圧も十分あるね。まぁ中期は血圧下がるもんなんです。下が少し高いから、高血圧もしかしたらなりかけなのかもね。出産終わったらダイエットね。引き続きうちで見ていきましょうね」

「家でもリラックスして測ってね。しかし血圧測定時の脈が多いな!これ脈が落ち着けば上は110、下は70まで下がるんじゃないかな?

妊婦さんの血圧はね、下げすぎちゃいけないの。140超えないと治療の対象にならないから今のところ薬はなしね」

 

とのこと。

先のことはわからないけど、少なくとも今の時点では花丸じゃないか。

 

頑張ってるかいがあるな...

と診察室を出ると..

兄(6歳)、病院のソファに大量にお漏らし。。。。

 

ギャーーーーーー!!!

 

「どうしてトイレ教えてくれなかったの!!」

「トイレわかんなかった!!!」

「病院の人もいなかった!!」

「ママどのへやにいるかわかんなくて聞けなかった!!」

「今度からちゃんといってよね!!」

とキレまくられる。

 

妹は「にーちゃんおしっこでちゃって、ママ、ママってさがしてあげたんだよ!」

とニコニコとドヤ顔を決める。

 

ごめんね...たしかにトイレ遠くて場所教えてなかった。。ママもどこの診察室なのか教えてればよかった。

 

でもでもずっと俯いてゲームしてたのは...!?

私が診察室に入るまでにいうチャンスはあったんでは...!?

周りに患者はいっぱいいたが...もらすくらいなら聞けば教えてもらえたぞ...

 

となったけど堪えて、おしっこを拭き看護師さんに謝り、トイレでズボンとパンツを脱がせる。6歳の着替えなんて持ってきてないので私のセーターと兄のダウンを腰に巻きつける。

 

帰りはゆっくりバスで、と思ってたけどそんな状態だったのでまたタクシー。

 

とにかく...疲れました...!子連れ診察、もうやりたくないぞ!!

 

 

 

 

 

2017年〜2018年 年末年始にかけて

年末。

 

クリスマスやお正月。

おいしいものだらけの季節。。

 

ほんと、参りました。

チキンやシチューにおせち...

すべて、塩分高い。

そしてケーキ。

糖分とり過ぎになる!!

 

自宅なら、トマトやアボカド、納豆や野菜をとり蒸し鶏を食べお酢を飲みトマトジュースを飲み...とコントロールできるんだけど

 

義実家、実家に行く時が辛かった。

とにかく自分で食材を持ち込み、私は私で食べますので気にしないでください!と断った。

味の濃いものは少しだけ。野菜をたくさん食べて満腹に。

幸い義実家はお義父さんが糖尿で食事制限をしたことがあるのですごく協力的でした。

ただ外食が辛かった。

まず塩分2グラム以下のごはんがほとんどないよね。

1日6グラムに抑えようとすると1食2グラム。

しかしメインのハンバーグで4グラムとかいったりする。

2グラム以下のメインメニューを見つけても、サラダにはドレッシングをかけられない。

スープなんてこわくて飲めない。

お味噌汁も具だけ食べる。

寿司は酢飯の塩分がものすごい、おせちなんて塩分の塊、ピザとろうとか言われた日には...

それでも義実家はまだ気にしてくれた。

ごめんなさいって感じだったけど...

 

実家はもう

「6グラムなんか無理よ〜!」

って感じでしょっぱい雑煮、おせち、お菓子、お寿司をどんどん出してくる...

「塩分ないとおいしくないよ!」

って知ってるよ...

流石高血圧一家!!しびれるぜ

 

 

血圧は、やはり緊張状態だと140を超える時があったけど..

徐々に一回目でも120や130を出すことが増えてきた。

やはり中期に下がるというのは本当だったのか...!

それとも厳しい減塩生活が身を結んだの?

やはり結果がついてくると、頑張っているかいもあります。

 

2017年12月 妊娠14週 市立病院へ

高血圧合併妊娠の疑いで、さいたま市立病院に行ってきました。

 

ど緊張して血圧は140超え、どうにでもなりやがれと診察を待つ。

 

先生はおじいちゃん先生、優しそうなベテラン感。

 

まず内診される。そこでおりもの多いなーと言われまさかの膣カンジダ発覚。。

 

CMでよく見てたけどまさか自分がなるとは。。びっくり

 

そして腹部エコーへ。

 

赤ちゃんの様子を見ながら、先生が血圧について話してくれる。

 

「160とかえらい高い時があるけど...?120とかの時もあるよね...?えらい差があるね??」

 

私「実は自律神経が弱くて、すぐドキドキしてしまって...血圧計を見るだけで、高かったらどうしようとすごく不安で...」

 

先生「そんなんだ!!そういう人はよくいるよ。家でもドキドキしてるんだねー!あのね、本当にリラックスした時の血圧を教えて。1日に何回測ってもいいし、いつ測ってもいいから。自宅で測る意味って、緊張してない安静時の血圧を測るってことだから。もっとリラックスして」

 

とのこと。ほっとして、ちょっと泣きそうになる。

 

私「実は...こんなに血圧高かったら赤ちゃんを諦めなくちゃいけないのかと旦那と話したりしてて...今日も管理入院になるかなって...」

 

先生「そんなに思いつめてたの!?そんなん心配する方が赤ちゃんによくないよ!赤ちゃんちゃんと産むために私たちがいるんだから。入院!?したいの?してく?笑」

 

いい先生すぎて...涙が溢れました本当に!!

 

この先生でよかった...!!

 

結局、本当にリラックスしたときの血圧を測り続けて経過をみること。その結果本当に血圧が高かったらお薬とかで治療してくことになりました。

 

ただ、私の祖母と母と父が高血圧であることから危険因子はあるので減塩を続けること、出産が終わったらダイエットするといいよと言われました。

 

「出産が終わったら」

 

これナチュラルに言われて本当に嬉しかったです...!!

 

無事に終わること前提で何気なく言ってくれてるところが。

 

頑張ってみよう...!!

 

データを、取り続けよう。

 

まだ望みはありそうだ。

 

 

 

血圧がバラバラでわけわかんない

1回目は126とかでて、安心して2回目測ったら

 

161とかでて...

 

3回目

 

161

 

4回目

 

148

 

バラバラすぎてわけわかんないよ...

 

血圧計見るだけで緊張する。

 

160とかこんなに高かったら堕胎をすすめられるかも...

かなり危険だよ。

 

リラックスすると130〜140のときもあるんだが...

 

これをみて市立病院の先生がどう判断するんだろうか??

 

さっき追加で測ったら141だった。

 

今日の夜もスマホ没収。

 

いろいろ自分の中から浮き出てくる考えに身を委ねてみよう...

 

恐ろしい考えもでてくる。

 

醜い考えも。

 

ヘタレで弱虫な私。

 

でもたまにびっくりするほど前向きな自分も出てくるんだ。

 

できる限りがんばってみて、あとは運命に任せよう...

 

 

 

血圧を下げるために

カリウムを取るために毎日バナナ、りんご、納豆、トマトジュースを摂取

 

●血液をサラサラにするために酢たまねぎ摂取

 

●血管をやわらかくする黒酢摂取

 

●できるだけ30分のウォーキング

 

●ハンドグリップ法を週3回

 

●ストレッチで筋肉をほぐす

 

●塩分計算して1日6gを守る

 

腹式呼吸

 

●夜のスマホ没収

 

出来る限りやってみます。

管理入院待った無し

血圧は低くでたりすごく高くでてしまったり

本当にまちまちで...

 

すごく高くでてしまうと本当に落ち込みます、不安です。

降圧剤は必須だろうし、管理入院待った無し!!

もう木曜から入院してクリスマスもお正月も子供と一緒に過ごせない。

そんな覚悟もしています。

 

主人は言います

「管理入院ならまだいいよ。最悪なのは、ハイリスク過ぎて堕胎を提案されること」

そう、病院でしっかりみてもらってそれで望みをつなげるのなら。頑張るしかないのです

ショックを受けるけど、怖いけど不安だけどそれを無理に乗り換えようとしないで

怖いな。すごく怖いな。と受け止める。

 

本当に最悪の場合は、お腹の子を諦めて2人の子の母であることをとります。

残して死ぬわけにいかないから。

 

その上で望みがつなげるなら、できるだけのことをやってみよう。

そして楽しい日常だってあるんだから、それを楽しんでも事態は変わらないわけで...

呑気に過ごす時間も必要だなのかも。

 

血圧が夜に高く出ると眠れなくて。

いてもたってもいられなくてスマホいじり。

血圧に悪い。

でもいじってないと気がどうにかなりそう。

ついに夫に言われました

 

「強く言わなきゃだめ!?じゃあ強く言うよ!携帯ちょうだい!みないで!!死んでほしくないから!!!」

 

びっくりしたけど...

私はこの人を選んで結婚して本当によかったんだと。

バカな私を正してくれる。

思ってくれている。

 

夜は夫にスマホを預けることにしました。

どうなるか...

なにをすればいいんだろ...

妄想??

 

なきゃないで、うとうとできるもんですね..

 

さて今日も夜の血圧測定がめっちゃくちゃ怖いです。怖い。怖い。怖い。

 

 

母親に電話をしました。

いのちの電話にかけてしまうのは、結局私はお母さんのような存在を求めてるからだと。

 

思えば私はちゃんと自分のことを話していないでここまできてしまった。

もう信仰心がないことを黙って、母親のありがたい説法を無言で聞いていた。

本当は私の話を聞いてほしい。慰めてほしい。

信仰なんか関係なく私のことを認めて受け入れてほしい。

お母さんが大切で大好き。

私がこう思ってることをいつかは伝えなければと思っていた。

 

私も今回の妊娠でどうなるかわからない。

 

電話をして、泣きながら伝えた。

 

「教えを信じることができなくてごめんね。
離れてしまっているけど、本当は大好きで、産んでくれてありがとうと思ってる。
育ててくれてありがとうって思ってる。

わがままだし言うこと聞かなくて大変だったとおもう。ごめん。
お母さんに愛されたくて、今まで言えなかった。

創価学会から離れたいと思っていた。
信じていることが違うけど、お母さんが私のことを思ってくれているのはすごく伝わってくる。
お母さんが信心すごい人なのはわかってるし、私のことを思うから言ってくれてるのはわかるけど、それを聞いてどうするかは私次第だから。
選ぶ道が違ったけど、本当はもっと頼りたいし甘えたいし必要だと思ってる」

 

母はやはり、母だった。

 

「あのね、やっぱり信心根本じゃなくちゃ」

 

そうだよね。それがお母さんだ笑笑

それでこそ私の母。

 

私を愛してるからこそそう言ってくれるんだよね。

でも、わたしにはわたしの意見があるから。

それを黙って、信仰の話を耐えて聞いてなくてもいいんだ。

私は言いたいことを言ってもいいんだ。

 

母はやはり信仰の部分は譲れないけれども、

私のことを

「どんなになっても大切だからごめんなんて言わなくていい」

と言ってくれた。

 

こんなことが起こるなんて思ってもみなかった。

私は一生、のらりくらりとかわしていくんだなと思ってた。

ちゃんと意見が言えた方にびっくり。

決めつけは、よくないな...